· 

二番煎じ 猪鍋(千住ねぎ)


 火事は江戸の華、特に冬は大火事が多いので旦那衆が交代で火の番をする事になっている。寒い晩はどうしても手を抜きたくなるそこで二組に分かれて、交代で一組は夜回り、もう一組は番小屋で待機していることに決めた。
 危機感のうすい旦那衆は、厳しい寒さに耐えかねて横着をきめこみ、手を出したくないので懐の中で拍子木を打ったり、提灯を股ぐらに入れて暖をとったりする。「火の用心」の掛け声も謡のようになりまったく役に立たない。
組が交替となり、最初の組が番小屋で火鉢を囲んで暖をとっていると、ひとりが一升徳利を出してくる。中には酒が入っており、皆に勧める。夜回り中の飲酒は禁止されていたが、「これは風邪の煎じ薬だ」と皆でうそぶき、燗をしてこっそり飲む。「苦い風邪薬の口直し」として、猪肉、味噌、焼き豆腐、ネギなどが用意され、猪鍋を作るに至り、即席の酒宴になる。
 その時、番小屋を管轄している廻り方同心が、外から小屋のにぎやかな声を聞きつけ「番、 番!」と呼ぶ。酔っ払った旦那衆は最初「野良犬が吠えている」と勘違いしたが、戸を開けると侍だったために大きくあわてる。旦那衆のひとりは火鉢の鍋の上に座って鍋を隠すが、酒は隠しきれず、同心にただされる。
旦那衆のひとりが「これは酒ではなく、煎じ薬だ」と言うと、同心は「身共もここのところ風邪気味じゃ。町人の薬を吟味したい」と言って酒を口にし、「うむ、結構な薬だ。もう一杯ふるまわんか」。結局同心は鍋も目ざとく見つけ、鍋も酒もすっかり平らげてしまう。  
 旦那衆が「もう煎じ薬がない」と告げると、
 同心は、「しからば、いま町内をひと回りしてまいる。二番を煎じておけ」と言う落ちである。
 大変不謹慎であるが、寒い冬の夜に人目を盗んで食べる猪鍋はさぞうまいだろう。
 番屋の中が湯気で煙っている様子が想像できる。これも千住ねぎが活躍したことだろう。

※千住ネギ(JA東京中央会)