· 

イタリア野菜たちとの出会い Campo Prova in TOKYO 2017レポート

2017年6月6日 天王洲アイル「第一ホテル東京シーフォート」

 

 さいたまヨーロッパ野菜をはじめ、全国のイタリア野菜生産者が集うCampo Prova in TOKYO 2017は、全国20団体以上が集まる、展示商談会です。通常は関係者限定でしたが、主催者のトキタ種苗さんのご厚意で、見学する事ができました。

 

会場は、生産者同士の情報交換や、流通、販売の方々との出会いの場です。

 

さて、受付で入場証をつけて会場へ。 

すでに来場者があふれています。

エントランスでは、イタリア野菜のある生活の提案展示。



キューピーとのタイアップで、新しい食べ方の提案もおこなっています。 各生産者のブースにも大勢の人がいらっしゃいます。

会場内は、移動も困難なほど混雑しています。

あちらこちらで、プロ同士の真剣な話しが飛び交います。

 

 会場両サイドに設置された試食コーナーにはイタリア野菜のサラダやソテーはもちろん、イタリア野菜入りおにぎりなどもあります。

 

また、スモークサーモン、ローストビーフなどもあり、マッチングの良さもアピールしていました。

 

いずれもレベルの高い料理でゆっくり食事したくなります。

会場入口の生産者マップ。27箇所もの生産者たちが!

 


もちろんさいたまヨーロッパ野菜研究会の北社長、研究会事務局の福田さんもお見かけいたしましたが、次から次へと商談に入られていたので、ご挨拶は控えさせていただきました。

 

Campo Prova in TOKYO は、トキタ種苗さんのグスト・イタリア生産者が一同に集います。

みなさんチャレンジ精神をもって、新しい農業を実践されていると感じました。

各地域にも、コーディネーター的存在がおられるようで、地域の支援などをうまく活用しておられるようです。

 

参加を許可頂いた、トキタ種苗さんありがとうございました。

受付で頂いた、イタリア野菜のサンプルを食べるのを楽しみに会場を後にしました。

トキタ種苗株式会社 グストイタリア http://www.gustoitalia.jp/