白鶴酒造(株)東京支社へぶらり 3

収穫編!

5月の植え付け体験後、9月に収穫祭があったのですが、あいにく都合が悪かったため参加できず足が遠のいていましたが、先日久しぶりに招集の連絡がありまして、白鶴へ行ってきました。

 

今回は、5月に植えた高知県のショウガの収穫です。

収穫の様子

 

高知県はショウガの生産量日本一だそうで、国内生産量の3割以上が高知県産になります。

 

ショウガを植える際は、「種ショウガ」というものがあるそうで、見た目はスーパーなどで売っているショウガと同じなのですが、スーパーに売っているショウガを植えても芽が出て大きく育つことはないようです。

(種ショウガはホームセンター等で購入できます)

 

4~5月頃が植え付けに適しており、種ショウガの間隔は20~30cmほど空けて植えると良いそうです。

強い日差しや乾燥はあまり好まないとのことで、シートをかけたり、藁を引いたりするとなお良いそうです。

収穫する頃にはかなり大きくなっているので、ある程度土を掘ってからまっすぐ上に引き抜かないと途中で折れてしまいます。

収穫された新ショウガは温度が高い場所・乾燥する場所は良くないようで、土が付いたまま涼しい場所で湿度を高く保てる環境に保管するのが良いです。

 

 

また、ショウガをすりおろし、薄く伸ばして冷凍保存すると、毎回使う分だけポキポキと折って料理に使えるので、手軽で便利にショウガを使うことが出来ます。

収穫されたショウガ


調理編!

普段は一人暮らしであまり手の込んだ料理はしないポッドですが、せっかく収穫したショウガですので、甘酢漬けにしてみました。


実際に大きさを比較するものを置けばよかったと写真を撮ってから気づきましたが、切る前のショウガは500mlペットボトルほどの長さがあり、結構大きいです。

 

柔らかくて歯ごたえも良く、おいしくいただきました。

 

これから冬となりますが、まだまだイベント事がありそうな雰囲気ですので、引き続き銀座の屋上をウォッチしていきます。