· 

TOKITA種苗大利根研究農場 オープンデー2017

 2017年11月16・17日 

 立冬を過ぎたこの日の朝は、今年一番の冷え込み、しかしオープン時間には眩しいほどの日差しに恵まれました。

 さいたまヨーロッパ野菜研究会の取材で、ご縁の出来たトキタ種苗さんの埼玉県加須市にある大利根研究農場のオープンデーを見学させて頂きました。

 トキタ種苗さんは、今年創業百年でもあるので、より一層力が入っているように思われました。

私がお邪魔したのは、2日目でしたが駅からのシャトルバスは満員の盛況ぶりです。

 

ゲートには百周年の文字が!

 

 受付を済まし、資料のほか、おにぎりとお茶のペットボトルを頂き会場に入ります。

 

 側には、種と野菜の直売所や、試食を兼ねた暖かいスープや料理の無料提供コーナーもあります。

 

 いきなり、くつろいでしまいそうな気分を抑え込んで、場内へ。


いきなりフラガールのお出迎えです。

 

こんな風に実がつくのですね。


ハウスの中には、フラガールのほか ハート型のトマト(トマトベリー)などトマトだけでも、何種類もあります。プチピーマン、試験栽培中のズッキーニなど、普段あまり目にすることのない野菜も栽培されています。

今度はイタリア野菜のコーナーへ

 

カリフローレの栽培風景や、

ガストのサラダバーに採用されたカリーノケール。

これは珍しい。白い茄子

「揚げてトルコ」だそうです。加熱でねっとりした食感がでるそうです。           

 

 

 

         こちらは、「グリルでイタリア」


こちらは、ネギ。剣シリーズ

(緑の剣、光の剣、葵の剣)

トキタさんのネーミングはユニークなものが多いですね。

 

 

 

 

TSX-516なんだかガンダムみたいですね。


会場内には栽培展示のほか、ハウス内での栽培セミナーや講演会、シェフを招いての料理のプレゼンテーションなどが2日間に亘り行われました。

 

あの野菜はどういう木で、どのような実り方なのか?販売されている姿でしか見た事がなかった野菜の栽培状況が知る事ができました。また同じ野菜を環境(条件)を変えて、並べて栽培する等、研究農場ならではの光景も見る事ができて、大変有意義な一日となりました。

 

(彩邦)