関東地方の生産者達

最近よく耳にします。

耳あたりのいい言葉ですね。英語ではなくフランス語のようです。「散歩」や「働く」という意味を持つこのマルシェ。日本では、「市場(イチバ)」という意味合いで使われていますね。

美味しい食材やこだわりの逸品が手に入る「おいしいイチバ」。

生産者が直接販売している「出会いのイチバ」

農産地でない大都会でも数多く開催されています。なんと、六本木ヒルズでも行われているんですねー。高そー(汗)。

ここでは、そんな話題のマルシェに出没し、その現場の活気をレポートしていきたいと思います。

 

郷土で輝く地方の逸品

「矢切ねぎ」。

そのブランド力と美味しさの理由について矢切葱生産農家の3代目となる平川氏に伺いました。

全国一の生産量を誇る千葉県の梨。その千葉県においてNo.1の生産量を誇る白井市。その白井市で新たな取り組みを行う若手生産者にフォーカスをあてて梨の一年を追い続ける、ドキュメンタリー(?)ブログです。